米ぬか洗顔のメリット・デメリットと、おすすめ洗顔料6選

米ぬか洗顔のメリット・デメリットと、おすすめ洗顔料6選

最近、再び注目を集めている米ぬか洗顔。
なんとなく良いことはわかっていても、実際のメリット・デメリットを良く理解していないっていう人も多いと思います。
そこで今回は、米ぬか洗顔のメリット・デメリットについて紹介していきたいと思います!
最後にはおすすめの米ぬか洗顔料6選も紹介していくので、米ぬか洗顔に興味があるという人は参考にしてくださいね♪

 

米ぬか洗顔のメリット・デメリット

メリット①
美肌効果がある

米ぬかにはビタミンが含まれているため、米ぬか洗顔で肌に直接米ぬかを塗ることでビタミンを吸収できると言われているんです。
1回の米ぬか洗顔で効果がわかる!というほど即効性はありませんが、週1~2回の定期的な洗顔で美肌に導くことができるでしょう♪
毎日じゃなくてもOKっていうところも続けやすいポイントです。

メリット②
アンチエイジング効果がある

ビタミンE群は肌の老化防止やアンチエイジングに有効な成分です。
米ぬかにはこのビタミンEが含まれているため、アンチエイジング効果が期待できると言われているんです。
体内に摂取することが難しいビタミンと言われていますが、米ぬか洗顔なら直接肌から吸収できるとされているんですよ♪

メリット③
シミ・黒ずみの予防、美白効果がある

米ぬかはシミや黒ずみの原因になる古い角質や汚れを落とす役割をしてくれます。
目や小鼻の周りなど、黒ずみが気になる部分を意識して洗顔することでシミや黒ずみが薄くなり、肌がワントーン明るくなると言われているんです♡

メリット④
ターンオーバー促進効果がある

美白効果と近いですが、米ぬか洗顔で定期的に古い角質を落とすとターンオーバーの促進効果が期待できます。
ターンオーバーが促進されれば肌の調子も整いますし、発酵米ぬかを使っている洗顔料であれば、肌の奥まで酵素が入り込むため、奥に溜まった汚れを取り除く効果も期待できるんだとか♡

メリット⑤
紫外線対策になる

米ぬかにはフェルラ酸という成分が含まれています。
このフェルラ酸には紫外線を吸収・防止する効果があると言われていて、紫外線対策用の化粧品にも配合されているほどの効果を持つんだとか。
ちなみに、ポリフェノールの1種で抗酸化効果も持つフェルラさんは、高血圧や軽いアルツハイマー病の改善にも良いって言われているんですよ♪

メリット⑥
美白効果がある

米ぬかには強い抗酸化作用を持ったγ-オリザノールという成分が含まれています。
この成分はメラニンの生成を抑える働きがあるため、美白効果が期待できると言われています。
また、紫外線を吸収する作用もあるため、フェルラ酸と同じように紫外線対策用の化粧品にも配合されるほどなんです。

メリット⑦
保湿効果がある

米ぬかには身体の中のたんぱく質の量を安定させる役割を持つ亜鉛も含まれています
たんぱく質の量が不足すると肌のバリア機能が弱まり、肌が乾燥することも…
洗顔後のスキンケア効果を高めるためには、きちんと肌の土台を作ることも大切ですし、乾燥は多くの肌トラブルの原因になるため、保湿効果は地味に欠かせない効果なんですよ♪

メリット⑧
肌に優しい

米ぬか洗顔はこれだけの嬉しいメリットを持っているのに、天然由来成分なので肌にとっても優しいと言われているんです!
不自然なものが使われていなければその分安心感も高くなりますし、自然のものでこれだけの効果が期待できるなんて嬉しいですよね♪

とはいえ、米ぬか洗顔にはデメリットもあります。
実際に使ってみてガッカリ…なんていうことがないように、しっかりとデメリットにも目を通しておきましょう!

デメリット①
やりすぎは逆効果になる

「これだけメリットがあるなら毎日使いたい!」と思う人も多いはず。
でも、米ぬかには栄養やパワーがいっぱいつまっているので、毎日使うのはやりすぎになって、かえって肌に負担をかけることになってしまうんです。
大切なのは、効果を実感しながら長く続けることなので、肌に負担にならないペースで長く続けていくのがおすすめです。

デメリット②
残留農薬に要注意!

肌の為にと思ってやっていることが意外なダメージを与えることも…
それほど多くはありませんが、残留農薬がある米ぬかを使うと思わぬ肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。
特に米ぬかには残留が残りやすいため、生の米ぬかを使うなら無農薬・有機栽培のお米の米ぬかを使うようにしましょう!

デメリット③
保存が大変

生の米ぬかは生ものなので傷むのも早いです。
そのため、米ぬかを使って米ぬか洗顔料を手作りする場合でも、米ぬかの買いだめはおすすめできません。
ちなみに、常温保存すると痛むのも早くなり虫がつくこともあるので、保存するときは冷蔵庫か冷凍庫に入れるのが◎
冷蔵なら2~3週間、冷凍なら1~2ヶ月は持つと言われていますが、洗顔に使うならなるべく新鮮な米ぬかを使うのがおすすめです。

 

おすすめの米ぬか洗顔料6選

おすすめの米ぬか洗顔料6選

米ぬか洗顔は自分で手作りすることもできますが、どうしても手間がかかってしまいます。
特に保存が大変ですし、生活スタイルや地域によっては米ぬかをゲットすることが困難…なんていう場合もあると思います。
そんな時は米ぬかの成分が配合されている市販の洗顔料を使うのもおすすめです!
市販の洗顔料ならネットでも気軽に買えちゃいます。
とはいえ、長期保存がきくものは余分なものが入っている可能性も高くなりますし、せっかく米ぬか配合のものを使うなら、できるだけ無添加系の肌に優しい洗顔料を選らんで米ぬか洗顔本来のメリットを損なわないようにしましょう♪

おすすめ米ぬか洗顔料①
株式会社 リアル 美人ぬか 純米洗顔石鹸

リアル純米洗顔石ケン100g

リアル純米洗顔石ケン100g

325円(11/16 23:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

ドラッグストアで見かけることの多い美人ぬかシリーズにも米ぬかを使った洗顔料があります。
さっぱり感もある洗顔料なので、サラッとした洗い上がりが好きな人にもおすすめです。
シンプル処方なので泡立ちはそれほど良くはありませんが、しっとりとした洗浄力が特徴で、優しい使い心地ということで幅広い世代から人気の洗顔料なんですよ♪

おすすめ米ぬか洗顔料②
株式会社 リアル ぬか袋に入った美人ぬか

「米ぬかを直接肌につけるのは抵抗がある…」っていう人におすすめなのが、ぬか袋タイプの米ぬか洗顔料。
使い方は手作りのぬか袋タイプと同じで、ぬか袋を直接ぬるま湯に付けて肌を優しくなでるように洗顔するだけでOK。
袋の中の米ぬかが無くなるまで使えるため、初めての人でも使いやすいと思います。
優しい使い心地なので普段使いしても良いですし、肌が疲れた時用にスペシャルケアとして取り入れてる人も多いみたいですよ♪
普段の洗顔だけでは取り切れない、毛穴の奥の汚れが気になり始めた時にも救世主になってくれるでしょう。

おすすめ米ぬか洗顔料③
ロゼット 無添加米ぬか洗顔フォーム

ロゼット 無添加米ぬか 洗顔フォーム 140g×2個パック AZ

ロゼット 無添加米ぬか 洗顔フォーム 140g×2個パック AZ

600円(11/17 01:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

ロゼットの洗顔と言えば丸くて水色のパッケージの洗顔料を思い浮かべる人も多いと思いますが、実は米ぬか配合のチューブタイプの洗顔料も密かに注目を集めているんです。
クリームタイプの石鹸で使い勝手が良いだけでなくて、無添加なので敏感肌の人でも安心して使えると人気を集めています。
「皮膚科に行くほど肌荒れがひどく肌がヒリヒリするときに刺激が少ないものを」ということでこの洗顔料を選び、刺激もなく肌がつるつるになったと満足している口コミも見つけました!
皮膚科に通うレベルの敏感肌にも使えたということなんで、デリケートな肌で洗顔料選びに迷っているっていう人にはぜひ使っていただきたい洗顔料ですね♪

おすすめ米ぬか洗顔料④
白鶴 鶴の玉手箱 米ぬか石けん

白鶴 鶴の玉手箱 米ぬか石けん 100g (全身用石鹸)

白鶴 鶴の玉手箱 米ぬか石けん 100g (全身用石鹸)

666円(11/16 23:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

米ぬかの美容成分に日本酒をプラスした洗顔料です。
洗顔料をプラスすることで肌に必要なアミノ酸や優しいピーリング効果を持ったフルーツ酸配合の石鹸に♡
アミノ酸には肌のうるおいをキープする働きがありますし、フルーツ酸には肌に残った古い角質を除去する働きがあるため、ピーリングで肌の調子を整えたいっていう人には特におすすめの洗顔料です♡

おすすめ米ぬか洗顔料⑤
カリス ナチュラルソープ工房 米ぬか石鹸

「なるべくシンプルなものを使いたい!」っていう人におすすめなのがナチュラルソープ工房の米ぬか石鹸。
原材料は石鹸素地と米ぬかだけなので、米ぬかそのもので洗う米ぬか洗顔に最も近い洗顔ができる洗顔料と言ってよいでしょう。
石鹸としてはちょっぴり高めですが、自然に近い米ぬか洗顔が手軽にできるという点には代えられません♪

おすすめ米ぬか洗顔料⑥
M-mark 米ぬかせっけん

M-mark 米ぬかせっけん2個セット

M-mark 米ぬかせっけん2個セット

518円(11/16 23:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

「ふんわりもこもこ泡で洗いたい」っていう人におすすめなのがM-markの米ぬかせっけん♡
柔らかめの石鹸なので湿度・温度が高いと溶けてしまうのがデメリットですが、この米ぬかせっけんで作るもこもこ泡は1度使ったら病みつきになります!
長年の愛用者の中には「くすみが取れて肌の色が明るくなった」という人も。
無添加石鹸なので安心して使い続けられるというのも嬉しいポイントです♪

 

おわりに

今回は、米ぬか洗顔のメリット・デメリットと、おすすめ洗顔料6選を一気に紹介してきました!
米ぬか洗顔はナチュラルな洗顔ということでデメリットもあるものの、メリットが多くてとても魅力的な洗顔方法だと思います。

デメリットのほとんどは市販の洗顔料を使うことでカバーできますし、市販のものなら誰でも気軽にチャレンジできると思うので、肌の調子を整えて健康的な素肌になりたい!っていう人はこの機会に米ぬか洗顔にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?♡

一番安い980円で試せる♪
米ぬか美容エッセンス公式サイト

米ぬか美容エッセンス(ラジカルサイファー)
米ぬか美容エッセンス(ラジカルサイファー)
価格 8,400円初回980円(税込/送料無料)
2回目以降8,400円6,720円(税込/送料無料)
内容量と目安 30mL / 1ヵ月分
毎回おまけ付
コメント 全額返金保証付き!縛りがなく2回目~解約可能なので、安心して試せます♪リピート率高めで、超人気の米ぬか美容エッセンス!毎回おまけつきだから、超お得な定期コースです♪
今だけ安く買える!
米ぬか美容エッセンスを
980円で試してみる!

こちらの記事も
よく読まれてます

ページ上部へ戻る